通販で美容

あなたの美容、美白、美肌は通信販売で行えます。 - ビタミンB6は女性の味方!

新着情報

◆2015/10/02
ビタミンB6は女性の味方!の情報を更新しました。
◆2014/05/15
運営者情報の情報を更新しました。
◆2013/05/13
レシチンでアルツハイマー予防を新規投稿しました。
◆2013/05/13
イソフラボンの良し悪しを新規投稿しました。
◆2013/05/13
妊婦は要注意を新規投稿しました。

ビタミンB6は女性の味方!

ビタミンB6はピリドキシンとも呼ばれ、女性が喜ぶ栄養素が多いと言われているそうです。

その理由として、月経全症候群なる生理前のイライラや、下腹部の痛みを抑制する効果が見込めるのです。
他にも、胸の張や情緒不安定、眠気などを緩和する役割も確認されています。

妊娠時に起こる、キサンツレンという酸が増える事で起こる、つわりにも有効とされ、吐き気や頭痛、食欲不振にも良いと聞きました。

さらには中毒症に見られる高血圧、尿タンパク、むくみなどの症状も改善するというから驚きです。
また、精神を落ち着かせる効果もあるみたいです。

食品でいうと、カツオやマグロに多く含まれるそうですが、妊娠時にはサプリメントで、補う方が効率的かもしれません。
その他、ニキビや口内炎の予防、脂肪分解による肥満を抑制する能力も魅力的でしょう。

最近の研究では、インスリンの合成を補助する事も報告されています。
そして、葉酸と協力してアミノ酸を円滑に代謝させる事で、心筋梗塞などの予防も担います。

特に、ビタミンB2と相性が良いそうですが、水溶性の為に溶けやすく、体外に排出される速度も早いです。
また、まつ毛にハリやコシを与えるルミガンも手軽に入手が可能となっています。

肌荒れに効くビタミンB6の隠れた実力

ビタミンと聞くと、何となく体に良いというイメージを誰もが抱いていますが、実際にどんな効果があるのか種類別に詳しくは知られていないのが実情です。

美容オタクでもない限り、さまざまあるビタミンを使い分け、活用するのはなかなか難しいです。
中でも特にB群に分類されているビタミンB6には髪の毛や皮膚、歯の健康を促進する効果があります。

適度に摂取しなくてはいけないのがビタミンB6

不足すると口内炎や皮膚炎の症状が現れますが、過剰に摂取してしまっても神経系に障害を与えてしまう恐れもあります。
体の中でためておくことが出来ないので、毎日の食事で取り入れていきましょう。

サンマやマグロなどの魚類、サツマイモにんにく、バナナと言った果物と野菜に含まれています。

特にアレルギー症状や肌荒れ、口内炎にお悩みの方は積極的に摂取していくことをおすすめします。
妊婦の方のつわり改善や、発育期をむかえたお子さんの成長にも効果があります。

ホルモンの乱れが要因で起こる頭痛や腰痛も緩和できる優れものなので、女性にとっては心強い味方です。
普段の食事での摂取が難しいのであれば、さまざまな美容サプリメントでビタミンB6を含んでいるものを選びましょう。

Copyright(C)2013 www.ifitalia.info All Rights Reserved.